福岡県 福岡市 婚約・離婚・養育費請求・内縁・不倫・男女トラブルに内容証明書を活用。福岡県福岡市の行政書士事務所
内容証明書作成支援室
 行政書士平塚事務所の総合ホームページ  行政書士平塚のブログ   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。  電話:092(737)8830

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円     事務所までの地図

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。

トップページお問い合わせ・お申し込みお客様の声料金について事務所案内提携の専門家 |

内容証明書について

内容証明書のメリット・デメリット

当事務所が作成した内容証明書活用ケース

内容証明送付後の流れ
・送付後の対応

離婚について
 
協議離婚の申し入れ


父親への認知請求

養育費の支払い請求

子供の引き渡し請求

内縁関係の解消通知

男女トラブルについて
 
婚約破棄に伴う慰謝料請求

・結納金の返還請求

浮気相手への慰謝料請求
・浮気相手に対する交際中止の要求

別居
・婚姻費用の請求

セクハラ

その他の活用ケース
 
色々なケースでの内容証明書の活用
・債権回収について
・借地・借家について
・相続について
・一般の契約について
・事故や不法行為・近隣トラブルについて
・労働問題について


業務の流れ
   
作成の流れ


依頼するメリット
 
当事務所に依頼するメリット


提携している専門家
 
提携している専門家

ご準備いただくもの
 
ご準備いただくもの

料金について
 
料金について

<父親への認知請求>

認知とは

婚姻関係にある男女から生まれた子を「嫡出子」といい、婚姻関係にない男女から生まれた子を「非嫡出子」という。

非嫡出子であっても、母親とその子の親子関係があることは、分娩の事実で明らかとなります。これに対して、父親とその子に親子関係があるかは直ちに明らかになるわけではありません。

認知とは非嫡出子の親がその子を自分の子と認める意思表示です。たとえ未成年であってもひとりで認知することができます。

認知には、当事者が話し合って行う任意認知と裁判に訴えることでなされる強制認知があります。

認知の訴えは認知の請求を受ける父または母が死亡して3年経過すると提起できなくなるので注意が必要です。

また、胎児認知という制度もあります。
胎児認知とは、母親のお腹の中にいる段階で子供を認知することです。
胎児認知は、「母親の承諾」が必要であり、母親の本籍地にて届出を行うことになります。

子供の父親が、結婚する意志が全くない場合や別の女性と既婚である場合に
この胎児認知の請求を考えても良いかと思います。



無料相談、お問い合わせ・お申込みはお電話や下記のフォームからお願い致します。

電話:092(737)8830   事務所までの地図

お問い合わせ・お申し込み   お問い合わせは無料です。 

事務所での面談相談のお申し込み  30分:3000円

無料メール相談    回答の返信は48時間以内が目安です。



【内容証明書関連の当事務所ホームページ】

示談・合意書作成

公正証書作成

離婚協議書作成


当事務所運営サイト行政書士平塚事務所の総合ホームページ

【会社・ビジネス】
○株式会社設立 ○合同会社設立 ○会社変更手続き ○電子定款作成 ○定款変更・議事録作成

○事業資金調達 ○事業計画書作成 ○ビジネス契約書作成

【許認可】
○建設業許可 ○風俗営業許可 ○平面図作成 ○登記されていないことの証明書取得

【遺産相続・遺言】
○遺産相続手続 ○遺産分割協議書作成 ○公正証書遺言作成 ○自筆(手書き)遺言書作成

○遺言執行手続きサポート ○郵便貯金相続手続 ○相続財産目録作成 ○戸籍謄本取寄

【公正証書・離婚】
○公正証書作成  ○離婚協議書作成  ○金銭消費貸借契約書作成 

【示談・内容証明書】
○示談書・合意書・和解契約書作成  ○内容証明書作成

 〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2016行政書士平塚事務所 All Right Reserved